世界旅行

ビビッド・シドニー2019の期間 (時間) はいつからいつまで?楽しみ方も紹介します!

ビビッドシドニー タロンガズー VIVID SYDNEY Taronga Zoo

こんにちは。

写真と旅をこよなく愛するYoriです。

冬の恒例イベントとなった「ビビッド·シドニー VIVID SYDNEY」。

南半球最大の光とアートと音楽の祭典です。

2019年は11周年を向かえ、更にパワーアップ!

今年はディズニーキャラクターがやって来るおすすめスポットに行くのも、楽しみ方の一つです。

ビビッド·シドニー期間中は街中がイルミネーションで輝き、キラキラ光る宝石箱のよう!

ハーバーを行き交うフェリーも光の装飾をして美しく海を彩り、時間を忘れてしまいます。

寒い時期だからこそ綺麗なイルミネーション。

子供から大人まで楽しめるイベントなので是非足を運んでみてください!

記事では、ビビッド·シドニー VIVID SYDNEY2019の期間はいつからいつまで?開催時間は何時?かも記載したので、チェックしてからお出かけくださいね。

ディズニーキャラクターに会える見どころでの楽しみ方も紹介しています。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

ビビッド·シドニー VIVID SYDNEY 2019 の期間や開催時間はいつからいつまで?

ビビッドシドニー シティ夜景 VIVID SYDNEY city viewビビッド・シドニー開催中のシティ夜景。VIVID SYDNEY Night view.
f13, 20sec, ISO100, Canon EOS 6D, EF24-105mm

 

ビビッド·シドニーは、毎年、南半球だと初冬にあたる5月から6月の3週間開催されます。

2019年は、5月24日 (金) ~ 6月15日 (土)

ライトアップの時間は、タロンガズーとチャッツウッド以外は、ほとんどのイベントで18時~23時です。

  • タロンガズー 入園2回制、閉園21時30分。毎日開催ではありません。
    詳しくはこちらに明記しました。
  • チャッツウッド 5時30分〜22時30分

開催されるイベントによっては少し早めに終了する場合があるので、おでかけ前にこちらでチェックしてください。

ビビッド·シドニー 各ライトイベントのオフィシャルHPはこちら

 

ビビッド·シドニー 2019 の開催場所はどこ?

ビビッドシドニー ハーバーブリッジ VIVID SYDNEY Harbour bridgeビビッド・シドニー開催中のハーバーブリッジ。Lit up Harbour bridge for VIVID SYDNEY.
f5.0, 1sec, ISO1600, Canon EOS 6D, EF24-105mm

 

サーキュラーキー周辺だけで始まったこのイベントは、今では郊外でも開催されるようになり、2018年には国内外から225万人を動員するほどになりました。

今年のライトアップのイベントは82箇所で開催され、エリアは以下の通りです。

<シティ周辺>

  • サーキュラーキー周辺 Circular Quay(オペラハウス、ハーバーブリッジ等を含む)
  • ロックス The Rocks
  • シドニーハーバー Sydney Harbour
  • ダーリングハーバー Darling Harbour
  • バランガルー Barangaroo
  • ロイヤルボタニックガーデン(植物園)Royal Botanic Garden Sydney
  • ルナパーク(遊園地)Luna Park

 

<ノースショア地区>

  • タロンガ・ズー(動物園)Taronga Zoo
  • チャッツウッド Chatswood

 

スポンサーリンク

ビビッド·シドニー2019 でディズニーキャラクターと楽しもう!

11年目を迎えパワーアップするビビッド·シドニー。

今年は、ディズニー映画の制作で有名な映像制作会社ピクサー (Pixar Animation Studios) が参加することが決まり注目されています。

『トイ·ストーリー』 Toy Story、シドニーが舞台となった『ファインディング·ニモ』Finding Nemo など、世界中で人気を集めた映画が多数ありますよね。

テーマは、「ピクサーが歩んだアートとアニメーションの30年」。

無料イベントです!

 

どこで開催されるの?

ロックス (The Rocks) のアーガイル·カット (Argyle Cut) と呼ばれるトンネル内です。

サーキュラーキーからハーバー沿いをロックスへ向かい、アーガイルストリートに入ります。

まっすぐ進むとトンネルがあり、そこがアーガイル·カットです。

通常なら10分かからないで行かれますが、ビビッド·シドニー期間中は混雑するので、余裕を持って行かれると良いと思います。

アーガイルストリート 地図 Argyle street map

 

アーガイル·カットってどんな場所なの?

シドニーは、このアーガイル·カットの有るロックスという地域から歴史が始まりました。

岩盤に覆われたエリアのためロックスと呼ばれるようになります。

開拓したのは、イギリスから送られた囚人たち。

アーガイル·カットは彼らの手作業で造られたトンネルで、歴史的にも非常に価値の高いものです。

 

ディズニー映画のどんなものが見られるの?

ピクサーはウォルト·ディズニー·カンパニーの子会社で、CGアニメーションを得意とする世界最高峰の映像制作会社です。

このピクサーが、今回ビビッド·シドニーのために最新のテクノロジーを使い、トンネル内でプロジェクション・マッピング(映像機器を使って建物などに映像を映し出す技術)を行います。

手書きの下絵制作から、どのようにデジタル化し映画にしていくのかも紹介されます。

2019年6月公開予定の『トイ·ストーリー4』のシーンもこっそり見せれくれるそうですよ!

シドニーの歴史的名所で最新技術を駆使したプロジェクション・マッピングを見るのも楽しみ方の一つです。

『トイ·ストーリー4』オフィシャルトレーラー

 

スポンサーリンク

タロンガ·ズーで夜の動物園とビビッド·シドニー2019を同時に楽しもう!

ビビッドシドニー タロンガズー VIVID SYDNEY Taronga Zooタロンガズー、2018年のイベントより。Taken in 2018 at Taronga Zoo.
f2.8, 1/40, ISO1600, Canon EOS 6D, EF16-35mm

 

ビビッド·シドニーでは、夜の動物園がライトアップされる珍しいイベントもあります。

タロンガ·ズーで開催される「Light for the Wild」です。

今年のテーマは絶滅危惧種に光をあて、来園者に野生動物の保護への意識を高めてもらうこと。

夜の暗い動物園をランタンで出来た大きな光の彫刻の動物たちを巡る、ちょっとドキドキするイベントです。

タロンガ·ズーから一望できる、カラフルな光に包まれたシティの夜景も一見の価値ありです。

 

タロンガ·ズーへの行き方

ビビッドシドニー タロンガズー VIVID SYDNEY Taronga zoo stingrayタロンガズー、2018年のイベントより。Taken in 2018 at Taronga Zoo.
f5.6, 1/40, ISO200, Canon EOS 6D, EF16-35mm

 

タロンガ·ズーはシティの対岸に有り、公共のフェリーで12分ほどの場所にあります。

<フェリー> サーキュラーキーのワーフ4(Wharf 4)から出ています。

帰りは、フェリーが遅くまでやっていないためバスの利用になるかもしれません。

お出かけ前に、トリッププランナーでチェックしておくと安心です。

<バス> M30を利用してセントラル駅、タウンホール駅、ウィンヤード駅からタロンガ・ズーまで直接行くことができます。

>>トリッププランナー

<車の場合> Bradleys Head Roadに駐車場の入り口があります。

終日利用で$18 (2019年5月現在)

2.1メートルの高さ制限があるのでご注意ください。

 

開催時間や料金は?

ビビッドシドニー タロンガズー VIVID SYDNEY Taronga zoo dynasaurタロンガ・ズー、2018年のイベントより。Taken in 2018 at Taronga Zoo.
f4.0, 1/100, ISO1600, Canon EOS 6D, EF24-105mm

 

タロンガ・ズーのイベントは毎日開催ではありませんのでご注意を!

  • 開催日:2019年5月24日 (金) ~ 6月15日 (土)の期間中の、水曜日から日曜日の週5日のみ。祝日の6月10日(月)は開催。
  • 時間:セッション1は17時30分入園。セッション2は19時30分入園。閉園は21時30分。
  • 料金:大人$26.95、子供(4歳~15歳)$19.95、 3歳以下は無料。

アメリカンエキスプレスで支払う場合、10%割引になるそうです。

数に限りのあるチケットなので、事前の購入をお勧めします。

料金はタロンガ·ズーの収益ではなく、全てが動物保護などの活動に使われるそうです!

 

スポンサーリンク

まとめ

ビビッドシドニー ルナパーク VIVID SYDNEY Ferris wheel Luna Parkビビッドシドニーが開催されるルナパークの観覧車。
You can enjoy the VIVID SYDNEY at Luna Park as well.
f13, 2.5sec, ISO400, Canon EOS 6D, EF16-35mm

 

大晦日の大花火大会に続く、シドニーの街をあげてのビッグイベント、ビビッド・シドニー2019。

今年も開催期間は3週間。

記事では期間はいつからいつまで?開催時間は何時?かも記載しましたので、お出かけプランに役立ててみてください。

ディズニーキャラクターも登場ですので、お見逃しなく!

夜景撮影、友達と、家族と、デートにと、楽しみ方はいろいろです。

夜は気温が下がるので、暖かくしておでかけくださいね。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

フォトラベるラウンジ