カメラ

珍しい虹色の雲|丸い虹|夜の虹|幸運の兆し6種類の虹のスピリチュアルな意味と写真の撮り方!スマホ&カメラ

珍しい虹 スピリチュアルな意味

こんにちは。
旅と写真をこよなく愛するフォトラベラーYoriです。

今回は幸運の兆し・幸運のサインと言われる6種類の珍しい虹のスピリチュアルな意味や、スマホやカメラで上手に虹を写真に収める撮り方やコツをまとめました。

運良く撮れた「虹色の雲・彩雲・環水平アーク」「丸い虹・日暈/ハロ」「白い虹・白虹/霧虹」「二重虹・ダブルレインボー」「夜の虹・月虹/ナイトレインボー/ムーンボー」をご紹介します。

友人たちと話していた時、「丸い虹なんて見た事ない」「夜の虹?想像がつかない」といった声が意外と多かったので、少しでも多くの方とこの幸運の兆し・幸運のサインをシェアしたいなと思ったわけです。

皆さんはこの珍しい虹色の雲・丸い虹や短い虹、夜の虹など、何種類をご覧になった事がありますか?

もしなければ、ご紹介する写真を参考に空を見上げて探してみてください。

虹のスピリチュアルな意味を知っていると、探すのがもっと楽しくなります。

スマホ&カメラでの虹の撮り方もご紹介するので、綺麗に撮って待ち受けにするのもお守りみたいでいいですね!

 

スポンサーリンク

珍しい虹は幸運の兆しなの?スピリチュアルな意味は?

タスマニア ウェリントン山 虹タスマニア マウント・ウェリントン山頂から

虹。

そこに現れているのに、気付く人と気付かない人がいる。

その事に私は虹の「メッセージ性」を強く感じてしまうのです。

虹が何か自分に伝えようとしているのではないか。

「あの時あの虹を見たことがきっかけとなった」と語る人は少なくありません。

人生の困難な時期や多くの課題に直面している人が虹に遭遇した時、その人だけがわかるメッセージを虹から受け取っています。

具体的なメッセージがわからなくても、何か前向きにさせてくれる強い感覚を授かっています。

虹のメッセージは、全ての人へではなく、気付くことのできた幸運なあなたへの直接的なメッセージ。

信じる事ができなくても、心がワクワクすればそれを受け取れたという事だと思っています。

虹のスピリチュアルな意味は

  • 新たな始まりであり、未来が開ける。
  • 気付きがある。前向きに捉えて良い。
  • あなたはの判断は正しい。
  • 次の霊的レベルに移動できる

などが挙げられます。

 

神話の世界の虹

世界各国で、虹を見ると「幸運が訪れる」「運気上昇」「物事が好転する」と言われているほど、人は虹に対して特別で前向きな感覚を持っているようです。

アメリカ

先住民ナバホ族の伝統では、虹は聖霊の道の意。神聖な砂絵にも多く描かれています。

オーストラリア

先住民アボリジニの言い伝えで、虹は天地に住み、水をもたらす神の蛇「虹蛇」。虹蛇がこの世界を創造したとされています。

日本神話

イザナギとイザナミ下界にくる時に使ったのが虹の橋。

インド

虹はインドラ神が雷の矢を放つ弓。

中国

虹は、龍になる大蛇が天と地を結ぶ時に現れる。「虫」は蛇を表し、「工」は結ぶ・作る・技といった意味を持つので、「虹」という文字が生まれたそうです。

北欧神話

虹は神々の領域と地球を結ぶ橋。

アイルランド神話

虹の足元に金の壺が隠されている。

ブルガリア

虹の下を歩くと性別が変わる。男性の場合は女性のように、女性の場合は男性のように考えるようになる。面白いですね!

 

LGBTシンボルの虹色の意味

シドニー・ゲイ&レズビアン パレード Mardi Grasシドニー・ゲイ&レズビアン パレード Mardi Gras

セクシャルマイノリティーLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー )のシンボルも「多様性」「共存」の象徴として虹が用いられており、各色には以下のような思いが込められています。

  • レッド=Life (生命)
  • オレンジ=Healing (癒し)
  • イエロー=Sunlight (太陽)
  • グリーン=Nature (自然)
  • ネイビー=Serenity/harmony (平穏 / 調和)
  • パープル=Spirit (精神)

 

スポンサーリンク

幸運の兆し6種類の珍しい虹

虹色の雲1・彩雲(慶雲・瑞雲)+ 光環

丸い虹 彩雲 慶雲 瑞雲シドニーの冬、ふと空を見上げ、目に入ってきた雲の形が天使の羽のようだなぁ、と思いつつ視線を移動させたら、雲が虹色に染まっていました。

彩雲です!

しかもこの時は、太陽の周りに光環も広がっており、さらに神秘的!!

それを包むように彩雲に変化した虹色が、空に広がっていました。

彩雲を英語では"Iridescent cloud"と言います。

Iridescentとは「虹色の、玉虫色の」といった意味で、ギリシャ神話の虹の女神アイリス(イーリス)から派生した言葉です。

女神アイリスは神々の使いとして虹の橋を渡って天地を行き来し、神と人類を結びつける使者。

花のアイリス(文目・菖蒲)もこの女神が由来しています。

大変多くの種類のアイリスがありますが、花言葉は「希望」「使命」「吉報」「メッセージ」等々。

虹の女神アイリスとイメージが重なります。

そういえば瞳の虹彩もIrisですね。

実はこの写真、一眼レフではなく「iPhone11」でちょっとしたコツを使って撮影しています。
白トビを最小限に抑えて撮るコツを、後の章でご紹介しますね。

 

彩雲は縁起が良い

彩雲は古くから「慶雲」「瑞雲」とも呼ばれ、めでたい事が訪れる前触れとされています。

慶雲生五彩(けいうんごさいをしょうず)は、お祝いの席で掛け軸にも使われる縁起の良い禅語です。

ちなみにこの5色は、青、赤、黄、白、黒。

仏教では青の代わりに緑、黒の代わりに樺色や紫を使うことがあるそうです。

黒?と思いましたが、紫を代用すれば虹に近づきますね。

来迎図に描かれていますが、西方極楽浄土から菩薩を伴い現れる阿弥陀如来の乗る雲が五色の慶雲、すなわち彩雲です。

 

和装の世界では文様化した瑞雲を縁起の良い吉祥柄として用いています。

 

彩雲の仕組み

気象庁のホームページより

雲が七色に見える「彩雲」の仕組みは何ですか?
彩雲は、上空の比較的薄い雲がその縁に沿うように赤、黄、緑などの色に分かれて見える現象です。この現象は、太陽の光が雲の粒を回り込んで進む(これを回折といいます)ことにより発生します。この際に波長が長い赤い光は波長の短い青い光より大きな角度で雲の粒を回り込むため、光の色によって進行方向が変わり、色が分かれて見えるようになります。また、雲の粒の大きさにより光の回り込み方が異なることから、雲の粒の大きさで雲の色が違って見えます。一般に雲の縁で雲の粒が最も小さく、中心に向かって雲の粒が大きくなりますので、雲の縁から中心に向かって色が変わって見えるわけです。

出典:気象庁オフィシャルサイト

彩雲は、雲を作っている小さな水滴が太陽の光を屈折させて現れる現象ということのようです。

 

彩雲の見つけ方

ひつじ雲 フォークランド諸島夕日に染まるひつじ雲 フォークランド諸島

珍しいと書きましたが、彩雲は季節や場所を問わず、わりと頻繁に起きている現象で、意識していない人でも数ヶ月に1度は見られるのではないかしら。

彩雲は巻積雲(うろこ雲)や高積雲(ひつじ雲)、積雲(わた雲)などの水滴でできた雲に起こりやすい現象です。

上の写真のような形の雲が出ている時、太陽の近くにある雲に注目してみてください。

雲が消えかかっている縁の辺りに現れることが多いようです。

雲の水滴の蒸発や、風で雲の形の変化していると、色も同様に刻一刻と変わっていくので目が離せなくなります!

太陽のそばに出るので、サングラスをかけて見ると色がもっとはっきり見えるようになりますし、目を痛めないためにもサングラス使用がおすすめです。

晴天でうろこ雲・ひつじ雲などが出ている日、太陽のそばの雲を意識してみれば、きっと見ることができます!

 

虹色の雲2・環水平アーク

珍しい虹色の雲 環水平アーク オーストラリア ニューカッスルオーストラリア・ニューカッスルで出会えました。

スッキリとした青い空に白い雲、そこにドキッとするほど鮮やかな虹色が輝いていて、もうそれだけで良い事が起きそうな気分にしてくれます。

 

環水平アークの仕組み

環水平アークの場合は雲の水滴ではなく、氷の結晶がプリズムの役目をし太陽光線を屈折させて起きる大気光学現象です。

氷の結晶が六角形で短い長さの場合に現れやすく、弧を描くのではなく水平の帯状に現れます。

この写真は雲の状況により短い環水平アークですが、水平にまっすぐ長〜く現れたりもします。

 

環水平アークの見つけ方

炎の虹Fire rainbowとも呼ばれる環水平アークは、年に数回だけ観測される現象なので、彩雲よりもレア度はかなり高くなります。

太陽高度が高い必要があるため、夏場のお昼前後に現れるそう。

確かにこの写真を撮ったのは、オーストラリアの真夏のお昼頃でした。

普通の虹は太陽の反対側に出ますが、環水平アークは太陽と同じ方角に見えるのが特徴で、空の比較的低い場所に現れるため、出現していれば目に入りやすいです。

 

丸い虹(日暈/ハロ)

珍しい虹 丸い虹 日暈 ハロこれは南極にほど近いフォークランド諸島の夏、頭上に現れたハロ(ヘイロー)を撮影したものです。

ハロ Haloとは、天使の輪や聖人の後ろに描かれる光背、後光の事を意味するのですが、そう考えると、太陽を聖人とみなした後光のようにも見えてきます。

もちろんこれも吉兆現象と言われています。

 

ハロのスピリチュアル的な意味

完全な円は常に新しい始まりを意味します。

「多くの祝福をもたらすであろう新しいサイクルに進む事を、エンジェルが見守り手伝っていますよ」というメッセージだそうです。

物事の好転が期待できますね!

また、ネイティブアメリカンの世界では、ハロは神からのメッセージであると考えられ、大きな変化の時を示していると言われています。

 

ハロの仕組み

ハロは巻雲や巻層雲と呼ばれる薄い雲が広がっている時に、長い六角形の氷の結晶を通る太陽光が屈折しておこる大気光学現象です。

環水平アークと同様「虹」ではないのですが、プリズム効果で虹色が現れます。内側が赤、外側が青です。

 

ハロの見つけ方

季節を問わないので、一年中出会えるチャンスがあります。

太陽は眩しすぎて直接見ることが少ないので、気付いてないだけかもしれません。

太陽だけでなく、月でもこの現象は起こるので、夜の空も要チェックです。

月がお好きな方は、わりと頻繁に見ていらっしゃるのではないでしょうか。

 

白い虹 (白虹/霧虹)

珍しい虹 白い虹 白虹 霧虹これはオーストラリアのグレンワースバレーという、山に囲まれた谷の一番低い場所で撮りました。

寒い晴れた早朝で、深い霧に覆われており、そこに太陽光が条件に合った角度で差し込んだために浮かび上がったようです。

非常に幻想的な白い虹でした。

条件が揃うことが難しいので、超レア現象だそうです。

 

白虹の仕組み

虹と同じ原理であらわれる現象です。

でもなぜ白いのかというと、光を受ける水滴が霧なので非常に小さく、プリズム現象がはっきりと分光されずに散乱され、その結果、色と色が混ざり合い白くなるのだそうです。

テレビや液晶ディスプレイなどでも白を表現する場合は三原色(RGB, 赤緑青)を全て重ねますが、それと同じ原理のようですね。

 

白虹の見つけ方

春から初夏にかけて、朝霧が出たらチャンスです。

太陽を背にして立ち、前方に霧がかかっているなら更にチャンス。

太陽高度が35度から40度が一番発生しやすいそうなので、それを待つ。

その時間に霧が残っていれば見られるそうですよ!

 

夢で白い虹を見たら

なかなか出会えない白虹ですが、もし夢の中で見たとしたら、それは思考の純粋さと精神的な高まり意味しているそうです。

白という色が表しているのは安らぎ。

今後数週間は、平穏な状況が続くのだとか。

 

ダブルレインボー

珍しい虹 ダブルレインボー エアーズロック二重にかかる虹の橋、ダブルレインボー。

あいにく私はこの虹を写真に収めた事が無いので、友人からお借りしました。

撮影地はオーストラリアの真ん中にそびえるエアーズロック。

砂漠気候の場所でこんなにくっきりと美しいダブルレインボーに出会えるなんて、奇跡的です。

彼女は満身創痍の時にこのダブルレインボーに遭遇し、それがターニングポイントとなり、今では虹色に輝くように日々の活動を続けていらっしゃいます。

その方はYasukoさん。守護天使のメッセージを降ろす能力を持ち、個々の眠っていた能力を呼び覚ますための活動をしていらっしゃいます。

自分の守護天使は何かを教えてくれる、類のない大変面白い本も出版されました。

ご興味ある方は、レビューを書きましたのでご覧ください。

あなただけの天使に出会えるAngel Book 自分だけの守護天使を知りたい!類の無いおすすめ本『あなただけの天使に出会えるAngel Book』(Yasuko著) 12の天使、あなたは何の天使?

 

スピリチュアル的なダブルレインボーの意味

一つ目の虹:物質的な世界、物理的な現実の象徴

二つ目の虹:精神世界の象徴

天と地を表し、物質世界と精神世界の融合とバランスを表しているのがダブルレインボーです。

  1. 新しい始まり
  2. 前向きな変容
  3. 希望のしるし
  4. 内なる覚醒
  5. 死者への慰め

ダブルレインボーに遭遇すると、自己発見、成長そして進化の機会が生まれ、更に、平和、繁栄、豊かさ、神聖さそして成功のエネルギーをもたらす、と言われています。

 

ダブルレインボーの仕組み

ダブルレインボーは、「主虹」と「副虹」の二つが同時に見られる現象です。

太陽光が水滴の中で一回屈折反射してできたのが主虹、濃い色の方。

水滴の中で二回屈折反射してできたのが副虹、薄い色の方。

写真をよく見ると、副虹は光が二回屈折しているため、色が薄く、並びが逆になっています。

主虹の外側の色は赤、副虹の外側の色は青です。

面白いですね!

 

ダブルレインボーの見つけ方

普通の虹と同じように、雨上がりの空で太陽を背にした方向を意識してください。

ダブルに見えるためには、雨が強かったこと、日差しが強いことも大切。

ハワイやオーストラリアはこの条件に合う事が多いようです。

また、副虹は色が薄くぼんやりと現れるため、背後が暗めだったり、空の青色が濃い方が見られる確率が高くなります。

でもこれは選ぶことができないので、やはりダブルレインボーに遭遇できるのはラッキーな事なのです!

 

夜の虹・月虹/ナイトレインボー/ムーンボー

珍しい虹 ナイトレインボー 夜の虹「夜に虹が現れるなんて、信じられない。」

初めてナイトレインボーという言葉を知ったのは、日本を代表する自然写真家の高砂淳二さんが書かれた『夜の虹の向こうへ』という本を読んだ時でした。

雨が月光に照らされ、そっと現れる夜の虹。

この本では、高砂さんがナイトレインボーに初めて出会った時のことから、それに導かれ、世界初となるナイトレインボーの写真集を世に出すまでのお話し、また、虹を追うの旅の途中で出会った先住民の教えなど、非常に興味深く面白い本でした。

こちらの記事にレビューを書きましたので、合わせてご覧ください。

癒し 絶景写真集 高砂淳二写真集 究極の癒し絶景おすすめ写真集7選!自然写真家・高砂淳二氏が幻想的風景で別世界へ誘う

 

上の写真は、シドニー郊外の世界遺産・ブルーマウンテンズのスリーシスターズで撮ったものです。

『夜の虹の向こうへ』を読み終わり、死ぬまでに1度でいいから、そんな幻想的な虹に出会ってみたいと強く思うようになりました。

なんとなんと、そのたった1ヶ月後のクリスマスの日に出会う事ができたのです!この本が導いてくれたとしか思えません。

通常、ナイトレインボーというのは月明かりが光源となり現れるのですが、実はこの写真の光源は人工的なもの。

スリーシスターズを照らすライトでした。

水分で重く湿った雲が突然スリーシスターズの上に流れ込んできて、ライトに照らされた時にフワ〜っと虹色が現れたのです。

自分の目を疑いました。

でも写真に撮れたから現実です!

天から最高のクリスマスプレゼントを頂きました。

でも、これは月光が生み出したナイトレインボーじゃない。正真正銘の本物のナイトレインボーに、どうしても出会いたい。。

 

数年後、高砂さんとベネズエラに雷の写真を撮りに行く機会に恵まれました。

現場に着いた翌日の夜明け前、なんとなく寝付けず、皆そわそわした感じで起きていると、暗闇から「出てる、出てる!」という高砂さんの声。

そう、正真正銘本物の「ナイトレインボー」が現れたのです!!

魂が震えました。

感動で頭の中が真っ白になりそうでしたが、気を取り直し、本気で撮影に挑みました。

珍しい虹 ナイトレインボー 夜の虹

月が満月ではなかったため、暗闇に消え入りそうなナイトレインボーでしたが、究極に神秘的で幻想的な景色でした。

朝日が登ると、今度は反対側に普通の虹も登場して、ナイトレインボーに出会えたことを「よかったね」と祝福してくれているようでした。

強く強く願えば、叶えられるのかもしれません。

 

 

夜の虹、ナイトレインボーの言い伝え

古来よりハワイでは、虹は霊性と癒しの世界への架け橋と言われています。

その中でもナイトレインボーは、“この世の最高の祝福”と信じられ、見た人にとって大きな変化があるときに現れるものだと言われています。

祖先の霊が宿り、癒しや智慧を与えるために現れる奇跡の虹。

このナイトレインボーに気付けた人は、自然と特別なメッセージを受け取れているのだと思います。

 

ナイトレインボーの見つけ方

私が本物のナイトレインボーに遭遇できたのはベネズエラだったので、あまりおすすめはできませんが、日本から行きやすい所なら、やはりハワイでしょうか。

虹の州・レインボーステイツという愛称があるほど虹が頻繁に現れる場所です。

貿易風が運ぶ海からの湿った空気が山地にぶつかりスコール(にわか雨)をふらせる。

そのスコールは短時間が多く、晴れ間がすぐに戻るので、太陽の光が虹を織りなす。

夜は月光が虹を作ってくれます。

一番確率が高いのは、月明かりの強い満月とその前後。

月を背にした方角の夜空を観察してみてください。

月光が強い方が虹もはっきり現れるので、ナイトレインボーを見たいなら、4月〜10月の雨季に、満月を狙って旅行のプランを立てると良いですね。

 

スポンサーリンク

珍しい虹の上手な撮り方とコツ|スマホ&カメラ

スマホの場合

いつ現れるかわからない虹ですから、カメラよりスマホで撮ることが意外と多い虹。

スマホでもちょっとしたコツを知っていれば、より綺麗にとることができます。

 

彩雲をスマホで撮る場合

彩雲は、比較的太陽のそばに現れることの多い現象です。

ですので、太陽の光が強すぎて明暗差が大きくなり、白トビが避けられず、虹色も弱くなってしまいます。

コツは

  • 太陽が雲に隠れた時がチャンス。光が弱まるので、虹色が捉えやすくなる。
  • 太陽を建物や木などで遮れる位置を探し、レンズに直接光が当たらないようにして撮る。
珍しい虹色の雲 彩雲

上の写真は、建物を使い、太陽を隠して明暗差を減らしました。

白とびが隠せるので虹色が出てきます。

太陽が雲に隠れなかったり、遮るものが無い場合も方法があります。

明暗差が大きい場合、iPhoneでしたら「AEロック」という機能を使えば、かなり白とびを抑えて撮ることができます。

以下の写真が使用・未使用の例です。

彩雲 白飛びサンプル彩雲 白飛びの例 AEロック不使用

こちらは、なにも機能を使わず普通に撮りました。太陽とその周りがひどく白とびしています。

 

彩雲 白飛びを抑えた例彩雲 白飛びを抑えた例 AEロック使用

こちらが、AEロック機能を使った例です。

太陽も、太陽の周りの雲も姿を現しました。白い塊になっていません。

全体の明るさも抑えられ、虹色が出てきました。

虹に限らず明暗差が大きい場合に、AEロック機能は便利です。

iPhoneに限らずアンドロイド系携帯でもAEロック機能は搭載されている機種があるようですので、ご確認ください。

 

iPhoneのAEロック機能

スマホの場合、自動的に明るさやピントをカメラ側で決定します。

白飛びが起きるのもこのためです。

AEロックを使えば白飛びしたり、逆光で黒つぶれした部分の調整が可能になります。

具体的に説明すると、

AEロックサンプル
  1. 画面で白く飛んでいる部分を長押しします。
  2. AEロック機能があらわれます。
  3. 右側に光のマークがでてくるので、下にスライドさせ明度を暗くします。

一番暗くして撮ったのが2枚目の写真です。

解除する時は、画面をタップするだけです。

例えば、逆光により黒つぶれが起きている場合には、上にスライドさせれば強制的に明るくすることができます。

本来なら、AEロックをかけるのは画面上に綺麗に出ている部分なのですが、この場合は白飛びしている部分にロックをかけて暗く調整した方が、彩雲の色が出てきました。

 

 

カメラの場合

虹のある景色をカメラで撮る場合の簡単なコツをまとめました。

  1. 露出補正をするなどして、少し暗めに撮るとより色を捉えられます。
  2. 絞りは、広範囲にピントが合うF10~11あたりを使うとメリハリのある虹の風景写真が撮れますます。
  3. PLフィルター(偏光フィルター)を使うだけで、虹の写真は大変身します。

 

PLフィルターとは

空気中の塵などによる光の乱反射や、水面などの光の反射を抑える効果があり、色調を鮮やかにするフィルターのことです。

反射光が抑えられるので、被写体本来の色が非常に再現しやすくなります。

よく使われるシチュエーションは

  • 青い空を鮮やかに、白い雲をくっきりさせたい。
  • 緑の草木、紅葉をより鮮やかにさせたい。
  • 水中の被写体をはっきり撮りたい。

のような場合です。

虹を撮る場合だけでなく、屋外で撮影する風景写真をメリハリのある作品にするには、PLフィルターは必須アイテムとも言えるでしょう。

ケンコートキナー公式ページに比較がでていました。

PLフィルター 未使用PLフィルター 未使用

 

PLフィルター 使用PLフィルター 使用

出典:ケンコートキナー公式ページ

これほどの差が出てきます。虹がより美しく撮影できることが想像できることでしょう。

PLフィルターは太陽光の入射角度で、偏光率が変わります。

2枚構造になっており、上側を回転させ、一番色が鮮やかになる部分を探してからシャッターを切ります。

回転角度によっては、偏光が虹に影響して、逆に薄くなってしまうこともあるので、よく確認しながらベストな角度を探してください。

虹を念頭に置くなら、色彩コントラストが得意で、雨天でも安心なケンコートキナ製のZX C-Pをおすすめしたいです。

  • 色の偏りのない、世界最高レベルのカラーバランス
  • 雨模様でもストレスなく撮影できる撥水・撥油加工
  • 風景写真によく使われる広角レンズでもケラれにくい薄型設計

 

 

ゴールドコースト 虹

 

スポンサーリンク

まとめ

幸運の前兆/幸運のサインと言われる6種類の珍しい虹色の雲、丸い虹、夜の虹などと、そのスピリチュアルな意味をご紹介してきました。

見た事のある虹はありましたか?

珍しい虹でも、条件さえ揃えば当たり前に現れる現象ではありますが、頻繁には起こりません。

そしてそれらは、あっという間に姿を消します。

その貴重な瞬間に気付けた偶然性は、やはり何かのメッセージだと思うのです。

人はワクワクっとするだけでも、良い波動と共鳴し、幸運を引き寄せやすくなると言われます。

虹色の雲、丸い虹、白い虹、二重虹、夜の虹、どの虹が好きでしたか?

私はやはり思い入れのある夜の虹の神秘に惹かれます。

今まであまり空を意識したことのなかった方も、是非これを機会に幸運の前兆と言われている虹を探してみてください。

虹のスピリチュアルな意味を知っていれば、遭遇した時、今まで以上にワクワクするはず!

そして、スマホやカメラで撮影した写真を大切にしてあげてください。

幸運を運んでくれるかもしれませんから!

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

フォトラベるラウンジ